全国有痛性外脛骨治療院 

有痛性外脛骨を早期に改善する全国の治療院です。

有痛性外脛骨は限られた施術法で早期回復可能です。
野球とテニス 10歳女子

野球とテニス 10歳女子

このエントリーをはてなブックマークに追加

H29.9.27来院 

<主訴>
右足の有痛性外脛骨(足部中央の内側)の痛み。
1~2年位前から時々痛みはあったが、2ヶ月前から強い痛みが続くようになった。

運動は野球とテニス。
夏休みは毎日のように運動をしていた。

3週間に整形外科に受診し、痛み止めを2週間飲んだが痛み変わらず。
先週(9月中旬)、針治療も変化なかったとのこと。

インターネットで当院を知り来院。

<状態>
足を引きずりながら、来院。
症部に圧痛あり。
触ると痛い。
骨盤の歪み、全身のこわばり強い。

<施術>
まず、身体のバランスを整え、全身の筋の疲労をとっていく。
次に症部の炎症を和らげていく。
すると、「痛み」と、「どんなことをされるんだろう?」
という緊張から解放されたのか、体がリラックスしてきたようだ。
それを確認後、続けて周辺の張りや関節の修正をしていく。
そして、痛んだ筋肉の損傷を可能な範囲で修復していく。
最後に骨盤を整え、歩いてもらい最後の調整をしていく。

歩行時の痛みが まだあったので立位で骨盤と足関節の調整をした。

施術後は、来院時と比べて痛みは半分に軽減。

今日の状態と今後の施術の流れ等をお母さんに説明。
さらに、痛みを最小限に抑えるために家でのケアを教えて本日の施術終了!

<3日後の2回目の施術>

状態を聞くと・・・

前回の施術の次の日(9/28)、来院時の強い痛みが「10」とすると、「1」になった。
だが、実は左足も痛みがあったようで右足が痛くて忘れていたが、その左足の痛みが「5」くらいに感じたとのこと。

今日(9/30)の痛みの状態は、右足は「1」左足「0」というくらい。
良くなっているとのこと。

<状態・施術>
一番痛いのは、朝。
両足の症部を軽く押してみると、まだ少し圧痛あり。
周辺の筋も固さあり。
股関節の可動域も狭い。

今日も状態を見ながら、一通りの施術し終了。

<1週間後の3回目の施術>

状態を聞くと・・・

体育の授業を開始した(マット)→問題なし。
友達と鬼ごっごして遊んだ→その後少し痛かったがすぐ痛みひいた。

朝の痛みはなし。

「1」位の痛みが出る時があるが、教えた自己ケアをすると痛みがなくなるとのこと。

<施術>
前回、残っていた筋の張り大分良い。
少し、猫背気味なので、身体のバランスを整え足の疲労を取り、骨盤を整え終了!!

これで様子見て、又痛くなるようならご相談下さいと伝え、3回の施術で終了した。

やっと、大好きな運動ができるようになって良かったね!


自然形体療法 整体院爽快
東京都豊島区要町3-26-3-3F
03-3955-7577
尾和真由美

«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>