全国有痛性外脛骨治療院 

有痛性外脛骨を早期に改善する全国の治療院です。

有痛性外脛骨は限られた施術法で早期回復可能です。
有痛性外脛骨

有痛性外脛骨

このエントリーをはてなブックマークに追加

10代(中学生) 男性 野球部   有痛性外脛骨

足の甲の内側(両足)が痛い。走る時とか、投げる時に。
1回目の施術で、痛みは無くなる。
けれど、野球部の練習を休めないので、練習すればまた痛くなるだろう、ということを伝える。
2回目のとき、練習後の痛みについて聞いたら・・・・
練習前は痛みは無し。練習中、少しだけ痛い状態。練習の後半になって痛みが増す。
1回目から2回目までの間に2回練習したが、2回とも上記のような状態。

2回目の施術で、右足の痛みが完全には取れなかったが、ほぼ痛みは無くなった。
全身のストレッチ、足・アキレス腱・ふくらはぎ・すねの疲労をとる自己療法を指導。特に痛い所の痛みを取る方法を伝授。
これで、自分でもいくらかは痛みが軽減出来ると思う。
さらに、睡眠時間、お風呂にゆっくり入る事を確認。

部活の練習を続けながらの治療は難しいなあと思う。
練習を休んで疲労を早く取れば、症状も早く回復するだろうが、練習しながらだから、どれくらいで完全に痛みが無くなるのか、難しいところがある。
この症状の施術はまだ人数が少ないので、何とも言えないが、もしかしたら、膝よりは回復に時間がかかるのかなあ、という気がする。
それに遠方からの通院なので、今後施術期間があいてしまう。
間隔があいてしまう分、自己療法をしっかりやってもらいたいなあ、と思う。

コスモス自然形体院

秋田県湯沢市関口字関口15-2

090-5596-4792

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>